2005.07.24 Enjoy Honda 2005 もてぎ オーナーズパレード参加オフ

参加者:ヨッシーさん(RC30),Bootangさん(RC30),PRYCE16さん(NC30),ろーりーさん(RC46),響さん(NC35),
     かっちゃんさん(NC35),おむすび(車),

おむすび@平幹事です。
今年もEnjoy Hondaの時期がやってきました。と言っても今は夏。例年ですと秋の開催ですが、今年は大分早い時期の
開催となりました。
今回は幹事のTad会長が都合により参加する事が出来なかったため、私が代わりを務めさせて頂く事になりました。
前日、私はNC30のライディングが丸ひと月ぶりとなるため、いつもよりも念入りにマシンのチェック。
ガスを入れにスタンドへ行く際も、マシンの挙動に神経を尖らせての走行。「マシンに全く問題無し!」と、
意気揚々で当日の朝を迎えました。
当日の朝5:00、今回はEnjoy Honda 初の自走での参加。昨年まではTad会長のRC30他と共にトランポに積み込んでの
参加でしたが、今年はツナギをガッチリ着込んでフル装備で出発しました。
ところが・・・。
自宅を出発して最寄の首都高ランプから高速に入ろうと、入り口手前の交差点で赤信号で停車。
信号が青に変わって右折して進入しようとしたその時!!なんと右へおもいっきりスリップダウンを喫してしまいました。
その瞬間頭の中は「???」状態。駆け足程度の速度でおもいっきりスリップダウンをしたのです。
マシンを起して右側をチェックすると、ステップを始め随所に損傷が見られるのは当然ですが、その他に褐色の何やら
“美味しいニオイのする得体の知れない液体”がベットリ・・・。(滝汗)どうやら周辺の路面にはしょうゆ系と思われる油分を含んだ
調味料らしき物が撒かれており、それに足を掬われてしまった様です。(涙)
幸い体の方は“フル装備”でいたため怪我は全く無し。
今回のオフは私が行けなくなったら参加者の皆さんに多大な迷惑をかける事になってしまうので転倒した瞬間は青ざめましたが、
マシンが運良く自走出来る状態だったため速攻で自宅へ引き返し、ツナギから普段着へ着替え、カメラとビデオカメラ、
三脚を車に積み込んで6:00頃再出発となりました。

致命傷はステップでした・・・。

今度は同じ首都高ランプから入るのは気分的にイヤだったので、別のルートで首都高に入り常磐道へ。
途中、RC46のろーりーさんらしき車両を前方に発見。走行車線を安全運転で走っているその横を追い越し際に確認したら、
やっぱりろーりーさんでした。
7:00過ぎ、第1の待ち合わせ場所の友部SAに到着。しばらくすると先ほど追い抜いてきたろーりーさんが到着。
しばらくしてNC30のPRYCE16さんも到着されました。ここでは出発予定の7:30まで他のメンバーの到着を待ちましたが、
PRYCE16さんが到着された以降は何方も見えないので、そのままバイク2台、車1台で出発となりました。

NC30とRC46。 友部SAにてとりあえず2台。

8:00少し前、第2の待ち合わせ場所の水戸IC至近のコンビニサンクスへ到着。ここでは結局何方も現れず、出発予定の8:00に
そのまま出発となりました。
8:30、ツインリンクもてぎの南ゲート近くに宿泊している大阪から参加のBootangさんを宿まで行ってお迎え。宿の前には
BootangさんのRC30が止まっています。Bootangさんが出てくるまでRC30を皆さんで見ていると・・・。なんと金色に輝く
リヤショックからオイルが漏れ出しており、ショック本体はもとより、周辺はオイルでベタベタの状態に・・・。Bootangさん曰く、
「大阪からオイルを撒き散らしながら走行して来た」そうです。減衰は完全に抜け、マシンは“走るトランポリン”状態に・・・。
これではオーナーズパレードどころか、帰りの道程も心配です。
Bootangさんがツナギに着替えて出てきた所で南ゲートへ移動。そこには地元?ヨッシーさんと響さんが既に到着されていました。
入場のチケットを皆さんに配るなどしていると、かっちゃんさんも到着。これで参加表明している方は全員揃いました。
しばらく待ってドタ参の方も来られない様なので皆さん揃って入場し、オーナーズクラブ集合場所の南滑走路へ「なんで今年は
第2パドックじゃないんだよ。」とブツブツ言いながら移動を開始。そこには既に他のオーナーズクラブの車両が集まってましたが、
全体的に例年より台数が少なくてチョット寂しい感じです。

メンバーのマシンが整列。

駐車した後は早速「東コース体験走行」の申し込み。希望者のみという予定でしたが、なんと全員が申し込みしました。
先導車付き走行で東コースを2周で\500−也。申し込みを済ませたら早速スタート地点となる東パドックへ移動開始。
私は場内移動の足が無いために、今回唯一タンデムに適したマシン?となるろーりーさんのRC46に必然的に(笑)
同乗させてもらう事になりました。ちなみに私はV4マシンの後ろに乗るのは生涯初めての事です。
東パドックへ移動したら、
私はすぐにデジカメとビデオカメラを準備。その間に皆さんは先導車のライダーのから説明を受けます。

東パドックへ移動中。RC46より。 いざ東コースへ!!

程なくして東コースの体験走行開始。私は東パドック横のV字ターンのアウト側でスチールカメラとビデオカメラの2つを持って
陣取ります。皆さんがS字の手前に差し掛かった辺りから皆さん回していないとはいえ、心地よいV4サウンドが聞こえてきました。
私は空かさずカメラ2台を構えます。皆さんがS字の立ち上がりに見えた所で撮影開始。「う〜ん、今年の体験走行はペース
遅いなぁ〜。」そういえば昨年はWET路面にも拘らず、先導車のTypeRのペースが異常に速いせいか皆さん有り得ない
ペースでしたね。(汗)

RC30のお2人は気合十分。(笑) 前からかっちゃんさん、PRYCE16さん。 PRYCE16さん。
前から響さん、Bootangさん。 皆さん無事帰還!! 十分楽しめた様です。

しかしこのペースでRC30のBootangさんとヨッシーさんはあと少しでヒザ擦りそうなフォーム。(笑)流石です。Bootangさん、
「リヤサスの事忘れてるよ・・・。」(汗)私の目の前を2回通ったところで体験走行は終了。皆さん先導車にレコードラインを
通ってもらったので色々参考になった様です。Bootangさんは「これでMOTO GPの見かたが変わる。」とコメント。
たしかにサーキットを走るとレース観戦も今までとは違った角度から見たり考えたり出来る様になるので楽しくなりますね。

体験走行が終わり、南滑走路へ戻ったら今度は皆さんでFORCE V4オーナーズクラブとしてHRCJの記念撮影。ホンダライダース
フレンドのお2人が両サイドに立って花を添えます。今年の撮影はHRCJの方の撮影では無く、プロカメラマンの撮影でした。
ビデオを見れば詳しく分かりますが、笑顔を作らせたりポーズをとらせたりするのは流石に上手いです。(笑)おかげで良い写真が
撮れたと思います。私はバイクが無いのが悲しかったですが・・・。(涙)

集合写真。奥の建物はコレクションホール。

撮影の次は皆さんでホンダコレクションホールの見学に徒歩で移動。目的は往年のV4レーサーを見るためです。当たり前です。(笑)
コレクションホールでは皆さんV4マシンを舐め回す様に見入ります。警備員の視線が・・・。(苦笑)今回の参加者の殆どは
「リアルV4世代」の方々ばかりです。歴代V4マシンを前にして当時のマシンやライダーの話で大いに盛り上がりました。
最後にマシンの前で記念撮影。三脚立ててカメラをセットし、FORCE V4のフラッグを掲げながらの記念撮影は他の観覧者や
警備員の視線が気になりましたが、そんな事はお構いなしです。(笑)

カメラの背後には警備員が。(苦笑) V4マシン達。 皆さん真剣です。

撮影の後は時間が押しているので直ぐにコレクションホールを後にします。午後一番にオーナーズパレードが予定されているので、
少し早めの昼食を取りに中央エントランスのハンバーガー&ステーキショップ「ブリックヤード」に移動。各自好みのハンバーガー
セットを注文し、食事を取りながらのV4談義で盛り上がります。この雰囲気、正しく「関東定例オフ」の様相そのもの。初参加の方々や
他地区から参加の皆さん、「これが関東定例オフの2次会ファミレスの雰囲気です。」(笑)これが朝まで続くのです。(爆)
注:朝まで居るのは一部の人です。念のため。昼食を取り南滑走路へ戻ったら直ぐにオーナーズパレードの準備に入ります。
体験走行の時と同じように私はろーりーさんの後ろに乗って今度は昨年集合場所となっていた第2パドックへ移動します。
するとここで驚愕の事実が。朝から第2パドックへ入れさせてくれないのに、第1第2パドック共に人っ子一人いません。(汗)
車両も全くありません。ピットも静まり返っています。ショップやメーカーのブースなどは全く無し。これを見た時は昨年と一昨年を
知っている私としては、下馬評通りのEnjoy Hondaとなった事に悲しさどころか憤りを感じました。Enjoy Hondaのオイシイ所は11月の
「Honda Racing ファン感謝デー」に持って行ってしまう予定なんですかね。「こんなだったらやる意味あんの?」って感じです。
今年のEnjoy Honda は開催日がアナウンスされた頃から、多方面より「なんでこんな時期にやるの?」とか、「こんな忙しい時期に
行けるわけ無い。」などと、クラブ内からもかなりの酷評が私の耳にも入っていました。もて耐と8耐のレースウィークに挟まれた
週末の開催。予想していた通り当日の入場者数は例年に比べて明らかに激減していました。今回で3年連続3回目の参加となる
我がFORCE V4オーナーズクラブも、7名の参加者を募るのがやっと。3回目の参加にして天候が良かったのにも拘らず、
最小参加人数となってしまいました。(涙)

第2パドックです。 RC30 車載カメラを仕込むBootangさん
ヨッシーさんのRC30 BootangさんのRC30は旗の後ろに。 かっちゃんさんのNC35
響さんのNC35 ろーりーさんのRC46 PRYCE16さん、いつものショット。(笑)

文句はコレ位にしてオーナーズパレードの模様です。係より第2パドックでパレードの説明を受けたら、
私は皆さんを撮影するためにカメラを持って第1パドックから地下連絡路を通ってグランドスタンドへ走りました。スタンドの様子は・・・
もう言いません。最初に出てきたのは時代でしょうか。フォルツァのグループ。流石に台数が多いです・・・。(汗)我がFORCE V4
オーナーズクラブは2番手の登場。流石に今回は台数自体も6台だけという事もありますが、ノーマルマフラーのメンバーが居たり、
エンジンに手を入れているメンバーが少ないためか、例年よりある意味大分おとなしいです。(笑)しかし、いざパレードが始まると
ウチのメンバーがおとなしくしているはずもなく、パレードの途中にあったクラブ紹介のアナウンスが終わった後は、
全車フルスロットル?(爆)V4サウンドを思いっきり轟かせて、第1ターンへ走り去って行きました。「う〜ん、やっぱりイイ音だ。」
私はもて耐の時にサインエリアでボード出しをしていたのですが、前を通るバイクの殆どが同じ様な音ばかりで、
「何かつまんないなぁー。」と思っていました。やっぱりサーキットにV4が居ないのは寂しいです。居ないとダメなのです。
私は心の中で背後にいる観客に「よく聴いてこの音を!!」と叫んでいました。(笑)

出てきました。 オーナーズクラブの紹介中。 フルスロットル!?(爆)

パレードが終わってトンネルを潜り第2パドックへ戻ると、Bootangさんとろーりーさんを除いて誰もいません・・・。(汗)
パレードが終わったら即刻第2パドックを追い出された模様。お2人は私を待っていてくれたのです。私はまたここで怒り心頭。
「まったくもぅーっ!」。そしてまたブツブツ言いながらろーりーさんの後ろに乗せて頂いて、南滑走路に戻り一足先に戻っていた
メンバーと合流。私は今回のEnjoy Hondaは不満爆発でしたが、皆さんはホクホクの笑顔で既にV4談義で盛り上がっています。
皆さん大変満足して頂いた様でホッと一安心しました。

RC30のV4エンジンについて何やら密談中。

しばらく南滑走路で歓談した後は、メンバーの中には夕方から家族サービスのために早めに帰らなくてはならない方や、
Bootangさんはこれから大阪まで帰らなくてはならなかったりする事もあり、少し早めですがここで解散をする事に。
今日は早朝からとんだドタバタ劇で一時はどうなる事かと思いましたが、幸い私がケガを負う事も無くすぐに車で再出発する事が
出来たため、事無きを得る事が出来ました。今回は皆さんにご心配&ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。
このレポートを執筆している時点でマシン修復には目処が立っており、早い時期にマシンは復活する事が出来そうです。
今回は私がTad会長の代理という事で幹事を務めさせて頂きましたが、もしまたヘルプが必要になった際は微力ながら
力になりたいと思っています。
参加して頂いた皆さん、お疲れ様&有難うございました。