2004年 Force V4 Owners' Club JAPAN オフ会レポート


 9/4.5西日本オフ
10/2.3東日本オフ

■2004年9月4-5日 広島・西日本オフ 9/4&9/5 (於:因島)

半年程前から企画されていた、広島県は因島で行われた西日本合同オフ。

想定外の人数の少なさだったが、非常に楽しく他地区同士の交流を深められた。

しかし個人的には、
激しく呪わしい天気予報の外れっぷりに見舞われてしまった感は拭えないが。

参加者(敬称略)
AKKO、bootang、D@阪神幹事、89男、ひでさん、こじ、MMS、
NOLY!、QS、しょうご、taka.30、V4 POWER@中・四国幹事、絶斗

―1日目―

私とtaka.30さんは「雨が降って高速上でバイクが止まるよりマシ」という理由で、
今回は大事を取って車で参加。
結局雨は降らなかったのだが。
福山西ICのゲートをくぐった所で、連絡を取り合っていたMMSさんと合流し因島へ。

因島へ進入する所までは順調だったが、島内で何故か迷う。ひたすら道が読めない。さすが田舎か。
しかし適当に海沿いを走ってみると、宿である「いんのしまロッジ」の看板を発見し無事宿へ到着。
先行していたバイクで参加のメンバーと合流する。
 初めましての他地区メンバーと挨拶を交わし、久し振りに会うメンバーと再会を喜びつつ写真を一枚。


・・・・・・・・・ん?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これは何の冗談だろうか?w


き、気を取り直し宿の人間に挨拶しチェックインを。
部屋に入り、エアコンを付け、とりあえずテレビを付け・・・・・・・・ると、
皆グッタリ。それはそうかw

気を取りなおし、飯と風呂をどちらを先にするか?寝る時の部屋割りは?っていうか明日どーするYO!?等、皆で相談。
グッタリしながら。

ふと、窓の外を見ると・・・・・・・・


・・・・・・・・ふむ。霞んではいるが中々に絶景だね?


ぐったりしてても仕方が無いと言う事で、皆で食事へ。
これまた中々のメニューと味。しかも一人分余りが出ていて食べてよいと言う事でご飯が進む。
「っていうかD君、その細い体の何処にそれだけ入るねん・・・・?」
「え?まだ茶碗3杯しか食べてませんが・・・・?」
等と突っ込まれ、切り返しつつ、ビールも入り楽しい晩餐を。(夕食画像は他の人に任せますw)

夕食後は各自思い思いに風呂へ入りに行ったり、部屋で持ち寄ったバイクのビデオ等を見てみたり。

夜半過ぎにV4 POWER君も合流し、色々な話に華が咲く。
なんだか修学旅行みたいだ。
話もそこそこに、流石に明日が辛いと言う事で早めに就寝。
そこでNOLY!さんが一言。
「自己申告しときますー。わたし、イビキがひどいらしいのでーw」
と、寝る直前の笑いをかっさらいつつ布団に入る。
流石、只者では無いw



―2日目―
朝、清々しく
携帯のハードロックな着メロアラームで目を覚ます。
外の天気は・・・・・・・・・・・


                    ・・・・・・・・・・・・・・
晴れてやがる。(滝涙

「いやぁ・・・・晴れましたねぇ・・・・」
 そーですね。
「胡散臭い天気ですが・・・・降ってないですねー」
 うん、そのようですね。。
「帰りは土砂降りですかねぇ?」
 いやぁ、降らないに越した事は無いっすよー・・・・
「Dさん!晴れ」
 
言うな(-゛−メ)

とか何とか言いつつ、朝食を食べ部屋の片付けをし、チェックアウト。
とりあえず風物詩らしい「因島水軍スカイライン」という島の東側の海沿いを走り、何処か見晴らしのいい場所で集合する事に。


先頭は何度か島を訪れた事のあるNOLY!さんにお任せし、皆の走りを後ろから眺める。
「タカさん、やっぱ最新の設計のCBR1000RRは違うっすね。動きがまるで違う・・・・」
「そやなぁ・・・・違うよなぁやっぱり・・・・」
と、絶斗さんのCBR1000RRの動きに感嘆しつつひた走る。

・・・・・・が。楽しみにしていた水軍スカイラインは何故か土砂崩れの為通行禁止。
変な天候といい、これは何の冗談か。
止むを得ずルートを変更。島を横断し、ワインディングが有るっぽい
「因島フラワーセンター→白滝スカイライン」
というルートを選択。


(各ライダーは左から、AKKO、bootang、NOLY!、MMS、ひでさん、QS、こじ、しょうご、絶斗(敬称略))

「花を見るのに金払うのもなぁ・・・・」
 と、いう意見もでたのでフラワーセンターの中には入らず、駐車場で少々休憩し、白滝スカイラインへ。

   
(白滝スカイライン途中の駐車場より)
途中の展望台&駐車場の所で休憩&御互いのマシンの事を見たり聞いたり。
それにしても善い陽気。クドイようだがバイクで来なかった事が悔やまれる(T-T)
しかしコレはコレで、4輪が一台随行するだけで、写真撮影やトラブル時に対処し易い為善いのかも。
ちょっとストレスとか溜まったりするかもだが。


白滝スカイラインを下りた場所の海側では、『水軍祭』なるボートレース等が行われており
其方の出店で軽く皆で腹ごしらえしたり、ぼーっとまったりしてみたり。


そして適当にいい時間になり、帰路につく。




―まとめ(のようなもの)―
きっぱりと今回のオフの事を何も語り尽くせていないオフレポが表す通り、
言葉や文章ではやはり語れぬ物がある、と言う事が判然とした西日本合同オフ。
次回、次々回と、人数が増え、関東方面からの参加者も来訪し、もっと同好の士の和が広がる事を願いつつ


皆、楽しかったよね?また遊びましょう(^^)/

文責:阪神地区幹事 D
2004年10月2〜3日東日本オフ in磐梯

10月2日・3日に東日本オフが開催され、アルツ磐梯にて開催された
ホンダライダーズミーティングにクラブで参加しました。

【ホンダライダーズミーティング】
http://www.honda.co.jp/HRCJ/eventguide/meeting/


写真:集合写真

【参加者】(敬称略)
Tad会長、silius13、おむすび、試乗マニア2号、spring、ゆだっち
bootang、こまち。、hp10改vnc24、みみ、ヨッシー、セナ、aidental、かぴこ夫妻、ごはん
宿泊組編 日帰り組編
【初日】
お昼を一緒しましょうということで、郡山にあるカルチャーパークおんぼろ遊園地)に集合することになりました。
関東組はメルセデス、BMWとバトルを繰り広げたらしいですが、その話を聞いて一層RCが欲しくなってしまったのでした・・。
NCじゃぁちょっとなぁ(汗

自己紹介後、小一時間マシンを見させていただき、早速本日の宿舎のある裏磐梯に向けて出発しました。
国道49号線を使って直行でもいいかな〜とは思ったんですが、どうせなら多少峠を堪能してもらったほうがいいかな〜なんて勝手に思ったがためにあんなことにことにことにことに・・・

まぁ三森峠(現場)というところなんですが、正直言って考えが足りなかったです・・ごめんなさい。

なんかセナさんがすごい勢いで追いついてきたと思ったら、開口一番

   セナ:
会長が事故った!!
   セナ:「足が変な方向いてる!」
   ゆだっち:(((( ;゚Д゚)))!!??

スリップして立て直そうとしたら壁とお友達になっちゃったみたいです・・・
RC30のアッパーカウルが割れて、ウィンカーがなくなっちゃいました。
バイクが壊れましたが、会長も壊れたらしく、時間がたつにつれ
みるみる左手がドラえもんのように(汗  こんな感じ→ =○
(後日談ですが、指二本ほどヒビが入っていたとのことです)

とりあえず、自走可能で身体も大丈夫(?)、何とか走れそうとのことでしたので
猪苗代まで猪苗代湖畔をゆっくり走行し、昼食としました(やっぱりカレー)
カレーを食べつつシップで応急処置し、投宿となりました。

本日の宿は裏磐梯国民宿舎です。
ここはなんというか、風情がある感じです(笑
6人で宿泊ですが、宿側の取り計らい?で二間続きの部屋となりました。
フスマを開けて広い部屋でマッタリしてみました。
(普通だったら隣の部屋との仕切りがフスマなんて信じられん!!っていう感じですが・・・)

で、食事を取っていると、おむすびさんが合流。
挨拶して自己紹介していただいたにもかかわらず「おにぎりさん」とか呼んでしまう始末。
よく言われるんですよ〜と言っていただきましたが、本当に申し訳ないです・・・m(_ _)m

その後、やっぱり深夜まで宴会は続いたのでした。
何時までやったんですか?? >参加者の人
朝起きたら一升瓶空きそうな勢いでしたし。
恐るべしはspringさん。酒豪です。この方。


写真:買いだし部隊(パシリ?)

【二日目】

オフ会当日はあいにくの雨(==;;)
しかたなく嫌いなかっぱっぱ着用でオフ会会場のアルツ磐梯スキー場へと向かいます。
雨なので当初通ろうかなと考えていたゴールドラインはキャンセルとなりました。

会場に到着すると、雨のせいか参加台数が非常に少なく、当クラブの他には
GLのクラブ以外ほとんど参加者無しのような状況・・・。
これは非常にジャンケン大会に期待が持てます(笑

その後続々と当日組の方々が合流し、いよいよお待ちかねのジャンケン大会となりました。
他の参加者が少ないだけに当クラブでの景品独占が期待されます!





!??

なんで皆さんそんなにジャンケン弱いんですか?(T^T)
それともライダーズフレンドのおねーさんが強すぎるんですか!?
ことごとく他の人に持っていかれます。
ニッキーヘイデンのサインキャップとかおばちゃんいらなそうだし。
岡田忠之のサインキャップとかおっちゃんいらなそうだし。

い ら な い な ら よ こ せ と 。

続々とメンバーが戦死していく中、この人がやってくれました。
ジモティーSilius13さん!
この日一番の大物、ライジャケ(新製品)ゲット(?・∀・)?!!


写真:おむすびさん戦利品の品々


ジャンケン大会が終わり、まるで宴が終わったかのように退散していく人々。
そんな中この人は違いました。
秋田から参加のセナさん・・・
お姉さんと写真を撮ってすっかりご満悦(*´Д`)の様子。しかもタンクバックにサインしてもらったり(暴露

皆さんやさしいお姉さんと写真撮影してもらい散会となりました。

あいにくの雨の中のオフ会となりましたが、その後皆さん無事に帰着されたようで
いい思い出になったオフ会でした。

(文責:ゆだっち@東北)
【往路
7:15蓮田待ち合わせ
こまち。は、雨はどうも。。。と悩んでいましたが、
HP・・・さんの熱気に負けて出走を決意!
7時ちょっと前に蓮田SAに到着。。。給油をすませて駐輪場に行くと、既に、みみさんがお待ちになっておられました。
出発時間になってもHP・・・さん現れず・・・
う〜んどうしたものか?・・・
その時、遥か彼方から、爆音を轟かせるV4サウンドが聞こえて来た!
おぉ!良かった〜
無事合流できて、hpさんの給油が完了して、いざ!出撃!

折りしも、激しく打ち付ける雨の中、3台のNC35が爆走!
組長こまち。の先導する3機の編隊が矢の様に疾走する。
路面のいい所をみつけると、組長は19○(メーター振り切り)で先導する。
しかし、タイヤの性能上、完全ウェット面では、悲しくも失速。。。
その瞬間、hpさんが組長をぶち抜く!
それを繰り返しながら、10時過ぎ那須高原SAに到着
ヨッシーさんと合流!

しばしの談笑のかたわら、抜き去ったとおぼしきおじさんに

  お:『にいちゃん達、怖くないんかい?』と声かけられ、
  こ:『えっ!いや〜怖いっすよ〜』と驚きながら、返答
  お:『こっちが150で走ってるのに、一気に抜き去って行くんだから〜』
  お:『一体、何キロで走ってたんだい?』
  こ:『いや〜言えません!(笑)』

そんなこんなで、猪苗代にむけて、出発!
一応、五百川PAを経由して、現地に向かう
ここで気づいたが、誰一人地図を持って来ていない。
ICを降りてからは、アルツの看板だけが、頼りでした〜
無事、本体と合流できました!




モデル:昼食のバーベキューでおむすびを食べるおむすびさん…

【復路】
おむすびさん、springさんと、合流し、5台編成となりました。
磐梯SAで、給油のみの立ち寄りをして、那須高原SAへ向かうことに。
アルツの会場に止まっていた、あのサイドカーもどきのバイクに何度か手を振りました。
那須高原に着いた時は、もうげっそり状態になっていて、 ここで、休憩を。。。

帰着までの作戦会議をたてつつ、今後のイベントなんかについて
話がもりあがりました。
もてぎでV4走行会をやりたいね〜とか、ツーリングに行きましょうとか、体は冷えていても、熱い語らいがありました。
帰りはゆっくり行きましょうと言って、次の休憩先の上河内SAに向かう。

日も暮れてなんとか、上河内に到着、、、しばしの休憩
全員での休憩はここで最後、また、走ろうと言ってひとまずお別れを言う。
みんな、家に向かって走り出す。
辺りが暗くなりはじめ、組長は徐々に失速
ゆっくり行こうっていってたのに、みみさん、激走!おむすびさんもつられて、珍しく?激走!hp・・・さんも、もちろん激走!springさんも更に激走!
5台のランデブー走行がテールランプを雨のスクリーンに滲ませていた。
佐野SAに立ち寄る4台と別れ、組長は一足先に家路に着いた、そして、みんな、自分のピットへ無事帰っていきました。

(文責:こまち。)